卯三郎こけし 寒椿大
卯三郎こけし 寒椿小
卯三郎こけし よそおい
卯三郎こけし 四季の詩
卯三郎こけし 愛幸
卯三郎こけし 春の詩 大
卯三郎こけし 好日 大
卯三郎こけし 好日 中
卯三郎こけし 芳春
左矢印
右矢印

Google
border

伝統芸術品

  • 芸術性に特に富んだ日本伝統古来のものであり、特に芸術といえる枠に秀でたものです。

刀の各名称

  • 初歩的にこれぐらい知っていれば、刀の説明をし易いものです。実際に私にもこれ以上のことは、分かりません。
  • 誠に申し訳ありません。
  • 画像にテキストをいれたつもりでしたが、文字がなかったので言葉で表現させて頂きます。  
  • 上段の左端から茎尻、茎、目釘穴、刃先にかけては、棟まち、棟、そり、しのぎ地、三頭、小しのぎ、ふくら、切っ先   
  • 下段の右端から切っ先、匂い口、刃、刃紋、平地、刃区(はまち)になります。  
  • 拵のほうは左端より、かしら、目貫、目釘穴、切羽、鍔、切羽、はばき、栗型、子尻になります。   刀の各名称
    •      刃紋と鎬地の間の平地を見れば、刀の美しさが理解できると思います。

    刀剣の購入のしかた

  • 皆さんは、刀剣を買うときは許可が要るとお思いの方がいるよう思いがちです。 しかしながら、 現在、刀剣女子と述べるほど刀自体に興味を注がれる方がおられます。   
  • 現代においては、車を購入するように、現金ではなくてもカード決済で購入去れる方もおりますが、今から述べる点については、大変重要な事柄です。  
  • 登録証の付いている日本刀 刀剣なら誰でも所有したり譲渡することができます、かつ、 刀剣にひとつつひとつに付くもので、猟銃のような所持者が取得する「所持の免許」は要らないからです。
  • 古刀は、お住まいのの古美術商にゆけば、登録証付の刀剣が販売しております。 もし、登録証がなければ、刀を持たれている家からも、持ち出すことはできません、また、
  • 砥ぎに出そうとも、登録証がなければ、研ぎ師も受け入れません。 登録証が第一です。 もしも、現代刀を購入去れた場合は、刀匠が登録していれば、その必要がありません。
  • 登録をしていなければ、一ヵ月か2ヶ月にある都道府県教育委員会の登録機関に申し出れば良い事です。 再交付の場合は、確か、2ないし3千円、初めての登録の場合は、、6、7千円だったと思います。
  • それで登録を手に入れれば、誰でも刀剣を所有して良いのです。 何故ならば、刀剣は美術品です。 明治維新の以前ならば、人を切るための道具、つまり、侍の精神が入魂したものであり、武士にとっての
  • 武士道の精神こそが、すなわち刀だったのです。 その頃の刀鍛冶師は、それを作成した刀を持つのが侍だったのです。しかしながら、次の点も憂慮しなければなりません、保管場所の問題もあります。   
  • 鍵の掛かった保管庫に収納しなければいけません、もし、誰かが愛着のある刀を奪い、それがもとで他人を傷つけたら大変なこととなります。    
  • 現代において、先にホームーページに述べたように、、豊臣秀吉からは、一期一振りといいまして、美術刀でした。
  • その後、江戸太平記にはいり、武士は刀を抜かずに済んだ時もママありました。 江戸幕府から明治維新にかけて、人を切る道具そのものになりました。それが、戦争であり戦いでした。  
  • 太平洋戦争の時は、大本営からは、出陣にかけて、刀をもたせられました、おのおのの家でそれぞれが、先祖代々の 刀を持たせて、戦争に狩り出された方々がほとんどです。
  • 将校には、軍刀を手に入れた方もおられます。 なかんずく、太平洋戦争結果、名刀というものも海外に出まわりた。 戦争は、法に於いての殺戮です。、その殺戮が終わり、古き昔の経緯を持って、刀というのは、先ず、美術刀と見なされた訳です。
  • 何故ならば、刀を作るには、刀鍛冶師、研ぎ師、拵え師、白金師、の 芸術技工集大成のものです。 だからこそ、刀と言うものは、美術品であり伝統芸術品だと思います。

    このページの先頭へ

    日本刀の工程

    • は、蹉跌を集めそれを木炭と共に炉で高温にした後
    • に鋼と呼ばれるものを原料として作られます。
    • その工程は、容易ではありません。それから後に刀匠に渡り、研ぎ師、拵え作り師へ経て日本刀が出来るものです。
    • さらに、これらの工程においても、鍛錬された技術、要する時間は多大なるものです。
    • youtubeとかテレビで動画を見られ方ならば、その職人技を理解できるものでしょう。
    • 又、刀を作ることは、簡易に出来る物ではありません。それぞれの職人芸が込められており芸術の枠を超えると言っても過言ではありません。

    柄巻木刀

    肥後拵えに摸した柄の姿で宮本武蔵考案の鍔が木製手彫りです、 下地削りから 塗りまですべて拵え師が作成しました。

    刀身が57cm 柄までは81cm

    柄には鹿の皮巻を施し、 皮鞘、刀袋ついております。

    受注生産

  • 柄巻木刀正面
  • 柄巻木刀 柄
  • 柄巻木刀

    肥後藩葦北鉄砲隊 熊本 水前寺成趣園於いて

    拵工房

    肥後藩葦北鉄砲隊 熊本 水前寺成趣園於いて

    古武道 熊本 水前寺成趣園於いて

    古武道 真剣 熊本 水前寺成趣園於いて2

    古武道 木刀 熊本 水前寺成趣園於いて

    このページの先頭へ

product | <現在> |site

Google
日本刀

QRコード

border