おばけの金太
白樺の木こけし大型
花手箱
翠月こけし大
五木の子守唄 こけし
創作こけし
キジ馬
キジ馬楊枝立
乙女ごころ こけし
かれん こけし
左矢印
右矢印

Google
border

サイトマップ

設立 住所連絡先   営業時間 ニュース 民芸品工芸品 豊水 風呂敷  浮世絵湯呑茶碗  陶器製品 暖簾手拭い  紙製品  縁起物招き猫 博多人形

キジ馬 親子カエルふくろう民芸品とは 工芸品とは 伝統工芸品とは張子の虎半月型買い物かごわっぱ 右手を上げている招き猫は花手箱こけし人形

世界遺産 千寿屋久杉 魔除般若面 谷情雲 作  五木の子守唄                             谷情雲  じゅぐりっとの意味 風呂敷の名称の由来  宮崎県伝統的工芸品 高千穂神楽面  ボンボニエール木目込人形 羽子板 日本人形 こけし  肥後出世独楽 おばけの金太おてもやん人形 こけし佐藤翠崖 伝統芸術品市松人形 刀剣の購入のしかた 風呂敷の包みかたの種類   店舗地図  民芸肥後こま こけし 彦一こま 郷土玩具 大型こけし(白樺の木)阿蘇

卯三朗こけし 翠月こけし  ちりめん    市松人形の由来古武道水前寺成趣園に於いて 花手箱 古い皮袋に盛った新しい民芸品彦一頓智小話に起縁する 伝統工芸品こけしの底の 刻印たぬき 博多人形の由来  拵師  御所車重箱小漆塗工芸品   伝統的民芸品宮原工芸作ゆらゆらソーラー猫 民芸品 玩具 下駄  そのほか人吉 新城 文化の森

  

民芸工芸品 からくり人形『おばけの金太』

  • 加藤清正公が 熊本城築城のときに 足軽にг金太」と言う人がいました。 風貌がこっけいで 冗談を言って職人さんや周りの人たちを笑わせるので 昔からгおどけの金太」と呼ばれ築城中の人気者でした。
  • 嘉永年間 人形師 西陣屋彦七(当家五代目)がこの言い伝えから からくり人形を作り好評をえました。 真紅の顔 舌を出し ぐるりと回る目玉は 紐を引く人を びっくりさせるので 譲言うことなく гおばけの金太」と呼ばれるようになりました。
  • 熊本では目くり出し人形」と言われ親しまれております。
  • 厚賀人形店 十代目 厚賀新八郎 郵便番号 八六〇-〇〇七二 熊本市西区花園5丁目二一の14
  • 電話 〇九六-三二六-二二〇二    注:商品説明書より引用

    民芸工芸品 花手箱

    • 人吉の郷土玩具として、キジ馬、羽子板と共に花手箱には、男の子にはキジ馬、女の子には、羽子板、花手箱とともに、長年に渡り愛着をもたれ、その花手箱 という民芸品は、
    • 女の子の宝入れとして、山椿の花をあしらった おしゃれな小物入れです。
  • 平家の落ち人達は、過ぎし都での栄華の夢を慰むるすべもなく長い年月つちつかわれた芸道へのあこがれは目覚めきじ馬・花手箱・羽子板等に生かされ現代人にも愛用される優れた芸術品となり今に伝えられています。     

    民芸工芸品 羽子板、おばけの金太

    • おばけの金太
    • 羽子板
  • crafts | <現在> |blog

    Google

    このページの先頭へ

border

お問い合わせkiyom@toyomizu.com メールアイコン

連絡先

border

営業時間